オリジナル性ってなんなのか?

ふと思ったんだが、

今の世の中に「完全にオリジナルな物」は、あるのだろうか?

作品にしろ、人間性にしろ、ほぼ全ての物事は、何かしら誰かの影響を受けているのではないか?

かく言う私も、影響を受けっぱなしでオリジナルの欠片も見当たらないんだが。

このブログもそう。

文の書き方は尊敬しているブロガーのやり方を、見よう見まねしているに過ぎない。

しゃべり方や考え方も同じく、誰かの影響を受けて、今の自分として発信している。

自分で話をしていて、

「この話はあの人からの受け売りだったな」

なんて思うことも多々ある。

オリジナルってなんやねん。

独自性ってなんやねん。

と、少し考えてみて、思った事があるのでここに書き残しておく。

子供から学ぶ発想力

NHKの教育番組の中に、「子供が物語を作って読み上げる」というものがある。

作っているのは幼稚園や保育園に通っているくらいの子たちなので、大体4歳~6歳くらいだろうか。

物語の内容はどれも常識外れなことばかりでとても良い物とは思えない。

ご飯を食べていたら、口の中からおじいさんやおばあさんが出てきたり。

食パンの中身だけが飛び出して逃げていったり。

ひどいもんですよ。

しかし

内容はひとまず置いておいて、子供の発想力というのは素晴らしいと思うんです。

なぜかというと、

大人はどうしても自分の物差しで何かを考えていると思うんです。それは常識的な知識であったり、自分の経験だったり、様々な要素が絡んでくると思うんですが、

自分の中で「ありえない」と思ってしまったら、もうそれ以上はないんです。

そこで思考がストップしてしまいます。

子供は非常識ですから、そこで思考が止まらないんですね。というかそもそも「ありえない」って思うこと自体がなさそうな気がするんですが。

たった数年しか人生を経験していなくても、その短い時間の中で知ったことや見てきたことを使い、子供は思う存分に自分のアイデアとして表出することが出来るのです。

案外、常識と真逆に物事を考えていくと、素晴らしいアイデアが思いつくのかもしれませんね。

オリジナル性の高い物とは?

人間は色々な物をみて、様々な経験をし、多くの人と関わり、多大な影響を受けます。

そこから生み出される物は全て「リライト」や「リメイク」であり、完全にオリジナルな物はないと私は考えています。

では「オリジナル性の高い物」ってなんなのか?

たとえばですが、きゃりーぱみゅぱみゅっているじゃないですか。

彼女ってすごい個性的ですよね。

ですが、そんな彼女だってきっと誰かの「リメイク」だと思うんです。

気になったので調べてみたところ・・・

彼女はケイティペリーを尊敬しているそうです。

言われてみれば確かに似ているところがある気がしますね。

このことからわかるように、きゃりーはケイティのことをパクっています。

パクリというと語弊があるような気がしますけど、

なにもケイティの事だけパクっているわけではなくて、他にも影響を受けている人物は必ずいるはずです。

色々な人の良いところをパクっていった結果、「きゃりーぱみゅぱみゅ」という存在が出来上がった。といったところでしょうか。

まとめ

あなたの尊敬する人は何人いますか?

その方たちの良いところをかき集め、面白い発想を組み込むことが出来れば「オリジナル性の高い物」を生み出すことが出来るのかもしれません。

私はスリップノットと押尾コータローが好きなので、

グロいマスク被って、押尾さんみたいな爽やかな曲を弾いたら面白いんちゃうか?

って考えたことがあったんですけど、

絶対需要ねーわ

と思い、このアイデアはお蔵入りになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。