ベビーバスの必要性について語る

先日、いつも通り仕事が終わり「あー疲れたな」と、思いながら家に帰ったんですよ。

大体自宅に着くのが八時ごろになってしまうんですけど、子供を早く寝かさないといけないじゃないですか。

ですから、我が家では毎日「晩御飯の前にお風呂」が定着していまして

この日も家に帰ると即、「お風呂が先でいい?」と言う嫁。

八時だし、おなか空いてるけど逆らえないじゃないですか。鬼嫁なんで。

たまにはさ

「お風呂にする?ご飯にする?・・・それとも私とする?」

みたいなこと言ってくれてもいいんじゃねーかなぁ、とか思うわけですよ。

まあ実際言われたら引きますけどね。鬼嫁なんで。

そんなわけでいつも通り赤ん坊をお風呂に入れるのですが、

我が家にはベビーバスがないのです

持ってないのに必要性語ってんじゃねーよボケ。とか言わないでくださいね。

おっしゃりたい気持ちはわかる。

「あのおもちゃ子供にめっちゃ人気らしいんで買った方がいいっすよっ!!おれ、持ってないっすけど」とか言われたら、

まずお前が買ってからオススメしろよってなりますもんね、うん。

でもね、

ないからこそ必要性がわかるってこともあるもんです。

ベビーバスがなかったことによって起きた悲劇

あの日私は、生まれて三週間程度の赤ん坊と一緒にお風呂に入っていたのですが、

あろうことか、私の可愛い娘が浴槽の中で

うんち漏らしやがったんですよ

(本来ならばわかりやすく画像を差し込むべきなんですけど、不快に思われるとアレなのでやめときます)

どうしても見たい方は、カレーをよそい終わった鍋に水を入れた感じを想像してみて下さい。

話を聞いてるだけだと

「なんだそんなことかよ。娘のうんこだろ?口に入ったって大丈夫だよ」

くらいに思うのでしょう。

私だってそう思います。いや、思ってました。

が、

想像してみて下さい。

もし、万が一にでも、娘の口にうんこが入るなんて事が起きたら・・・

一生、自分のうんこ食った女として生きていかなくちゃならないってことじゃないですか。

かわいそうだと思いません?

「生まれて即、うんこ食う」

どんなスタートダッシュやねん。

そう思うわけですよ。

ですからベビーバスはあった方が良いと思いますね。三千円くらいで買えますし。

実際にベビーバスを使ってみた感想

この見出しを見たお前は必ずこう言うだろう。

「お前さっき持ってねーって言ってたやろボケ」

説明か足りず申し訳ありません。

まずはその振り上げたこぶしをおろしてもらっていいですかね。

実はですね、今回のうんこ事件は二人目の子の話でして、一人目の子の時は、知り合いにベビーバスを借りて使っていたんですよ。

で、

その時は浴室にも行かず、洗面台でベビーバス使って洗ってあげてたんですけど、

やっぱ楽なんですよ。

一人でも出来ますし。

一緒にお風呂入るとどうしても二人がかりになっちゃいますからね。

暴れられておぼれさせちゃう心配もないですし。

何よりも・・・

うんこ漏らされても平気ですから。

ベビーバスは何カ月まで使うのか?

一般的には「一カ月程度」と言われてますね。

理由としては「新生児は綺麗なお湯で入らなければいけない」とか、「お湯の温度調整が楽」

ということみたいですね。(よく知らんけど)

長く使われる方は三カ月とか使うっていう話も聞いたことがあります。

私としては、赤ちゃんが重くなって支えるのがしんどいって思うところまで使っていいんじゃないのかなと思います。

それに、肌トラブルの事もありますし、「綺麗なお湯に入れてあげたい」という、ご両親の思いがあるのであれば、なおさらベビーバスを使用した方がいいのではないかと感じます。

というのは建前で、実際は、

うんこしても安心だから長いことベビーバス使っとけよ!

っていうのが本心でございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。